自治労マーク 自治労横浜 自治労横浜市従業員労働組合
   
トップページ
自治労横浜とは
自治労横浜の主張
組合員専用ページ IDとパスワードが必要です
共済コーナー
トップページ|横浜自治研センター
女性部 WOMEN NET
ユース部
自治労横浜退職者会
会場案内図
リンク
サイトマップ

新規採用職員のみなさんへ
 
就職おめでとうございます
 

 みなさんは「公務員」という職業にどのようなイメージをもっていますか。ここ数年、「公務員バッシング」が日常化しています。交通事故などを起こしてもすぐに新聞・テレビで報道されます。ストレスもたまり、心の病で職場を長期離脱せざるをえない仲間も急激に増えてしまっています。

 退職手当の削減や、地方公務員の給与削減の動きなど、私たちの生活や労働条件が、おびやかされています。ますます、労働組合の必要性が増しています。

 

労働組合って何?

 私たち公務員も働いて、賃金を得て生活している労働者に変わりありません。労働組合は労働条件改善のため、また社会的地位向上のための団体です。

 「労使対等」と言われますが、私たちは「雇われる」という弱い立場にあり、個人では使用者と対等な立場をとることは困難です。そこで、労働組合という組織を作って使用者と実質的に対等な立場となることが必要なのです。

 

それで何をしているの?

 私たち自治労横浜は、それぞれの職員が「働きやすい」「安心して生活できる」労働条件となるよう、みんなの意見をまとめて「要求」として市当局に提出し、その実現のために粘り強く「交渉」を行います。また、市当局からのさまざまな「提案」について、職員にとって不利益にならないように「交渉」を行います。これらの交渉をより有利にするためにも、大きく強い組合にするため、あなたの加入が必要なのです。

 

でも市役所は安定しているから組合がなくてもいいんじゃない?

 甘い、甘い。組合が「ある」と「ない」とは大違い。組合がないと、使用者の都合のいいようにやられてしまいます。

 労働者の権利や生活を守っていくために、労働組合は必要なのです。

 労働組合は、職場の意見をまとめて、要求したり、交渉したり、働きやすい職場をめざして日々がんばっています。一人ひとりの声は小さいものですが、みんなの声を一つにすれば、大きな力になるのです。

 

どうすれば横浜が良くなるのかみんなといっしょに考えよう!

 管理職は2年〜3年で異動になり、業務内容の細部を熟知していません。私たち労働組合は、日常の業務に根ざしながら、多くの仲間とともに議論を重ねています。政策提言や、予算要求などを行って、市政へ意見の反映を行っています。

 どうすれば自信をもって明るく働ける職場にできるか、また何をすれば市民のためになるのかを、常に考えて活動しているのが労働組合=自治労横浜です。

 
 
                                              ページトップへ戻る▲
 
新職員のみなさん、自治労横浜です!
 

自治労って、何?

 自治労は、組合員数90万人の日本最大級の労働組合です。私たちが安心して働き・生活するには安定した雇用関係と賃金・労働条件が必要です。自治労はそのために頑張っています。「今の公務員、けっこう恵まれているようだから労働組合なんて必要ないのでは」って、とんでもない!公務員だって「賃金カット」はある。「不払い残業」もある。イジワルやセクハラもゼロではない。心の病も増えている。労働組合は、今も昔も働く人の必需品なのです。

 自治労横浜は、東日本大震災でもボランティアの派遣やカンパに取り組みました。

 

自治労横浜は頼りになるパートナーです!

 自治労横浜は横浜市役所や地域で公共サービスを担っている人の労働組合です。困ったリ、悩んだりしたら遠慮なく自治労横浜にご相談ください。弁護士もスタンバイしています。自治労横浜への参加を心からお待ちしております。

 

市役所改革は市民と職員の協働・参加型で!

 横浜市役所でも財政のひっ迫は大変厳しい状況です。また、市民のニーズも多様化しています。改革の必要性は誰もが認めるところです。林市長は、現場重視の市政を打ち出しています。私たちは、現場からの職員の声や、市民の声を重視した改革を提案します。

 

東日本大震災の復興支援や海外支援

自治労はこんな活動も

 2011年3月11日に発生した東日本大震災、自治労は被災地支援行動に延べ2万人の組合員が参加しました。緊急カンパ活動にも取り組み、被災3県に贈りました。同時に起きた原発事故は、原子力発電が人類と共存できないエネルギーであることを明らかにしました。自治労横浜は、脱原発、再生可能なエネルギーへの転換を訴え、行動しています。

 また、自治労は「アジア子どもの家」事業で、カンボジア、ベトナム、ラオスなどアジアの国々の子どもたちに協力する事業を、継続して行っています。

 
 
                                              ページトップへ戻る▲
 
先輩職員からのメッセージ
 

南区役所 保険年金課 女

 優しい先輩たちに支えられてがんばっています・

 組合に入って、たくさんの経験ができました。組合主催の手作りお雛様講習会に参加して、楽しく話しながらお雛様ができました。

 

戸塚区役所高齢・障害支援課 男

 職場の異動は、誰にとっても重要な問題です。組合はサポートしてくれると思います。

 

環境創造局 農地保全課 女

 初めてのことばかりで不安になることも多いかと思いますが、周囲の先輩方が相談にのって下さるので安心して下さい。一緒に頑張りましょう。

 

市民病院 女

 患者さんの笑顔が、元気の元です。働き続けるために、組合は必要です。

 

資源循環局 鶴見事務所 男

 組合に入って、多くの人と出会い、良い経験ができています。スキルアップにも役立っています。不安も期待もあると思いますが、やさしい先輩ばっかりで、安心です。

 
 
                                              ページトップへ戻る▲
   
相談コーナー 自治労横浜 045-663-3003
   
困った時はご連絡を…
 
社会にでると、様々な問題に直面します。組合はそんなときアドバイスします。また、次のところとネットワークを作っていますので、ぜひご相談ください。
 
金融 中央労働金庫横浜支店

社会人ともなると、急にお金も必要になります。労働金庫へどうぞ。本部、支部にご相談を。

★所在地 中区山下町24-1 045-661-5511

 
医療 港町診療所

地域で地道に医療活動を行います。医療生協港町診療所は労働者の医療機関です。

★所在地 神奈川区金港町7-6 045-453-3673

 
労災 神奈川労災職業病センター

公務災害、労働災害のかけこみ寺として活動しています。最近は人間工学的な立場から、職場環境、作業環境の改善、職場体操の導入にも力をいれています。

★所在地 鶴見区豊岡町20-9 サンコーポ豊岡505号 045-573-4289

 
政策 横浜地方自治研究センター

地方行政をどう住民自治重視の立場から変えていくのか、参加型住民運動をめざしています。現在の市の行政分析などを行い、各種資料データを蓄積し運動に役立てています。また、環境自治体づくりやアースデーの取組みを地元の市民団体と協力して実践。

★所在地 中区寿町4-15-5 045-663-3232

 
女性 特定非営利活動法人 かながわ・女のスペース“みずら”

女性の自立と助け合いの精神をもって、女性のための活動を行っています。幅広く女性問題を扱っています。

★所在地 神奈川区青木町2-1-613 045-451-3776

 
法律 神奈川総合法律事務所

様々な法律問題で悩んだ時、神奈川総合法律事務所へどうぞ。相談用件をはじめとしてプライバシーは絶対守ります。

★所在地 中区本町3-30-7 横浜平和ビル4F 045-222-4401

 
人権 神奈川人権センター

日本は人権が遅れているとよく言われます。学校教育での不十分な取り扱われ方もその一因かもしれません。様々な人権侵害に対して運動を進めています。

★所在地 磯子区森3-3-17-217 045-271-1455

 
   
  Copyright (C) Jichiro Yokohama All Rights Reserved.  
     
  トップページ気になる動き自治労横浜の主張自治労横浜とは共済コーナー組合員専用ページ女性部 WOMEN NET会場案内図リンクサイトマップ